引っ越し生活と育児を乗り切る日記

転勤族の嫁で、一年刻みで引っ越ししてます。今は3箇所目です。一児の育児奮闘中!

無邪気にデリカシーがない人

すごく優しくて、明るくて、とても大切な友達がいます。

その子も同い年の子を育児中で、励ましあったり愚痴りあったりしています。


大切な友人であることは、変わらないのですが、最近彼女の無邪気な発言にモヤモヤします。いや、最近じゃなくて前からかも。


うちの子はかなりヤンチャで、危ないことややってほしくないこともバンバンやります。優しく、危ないよとかこっちのほうがいいよと言えるのは余裕があるうちだけで、だんだんイライラします。

例えば、国道沿いの歩道を歩いてる時、車道から遠いところを歩かせたいのに、彼は歩道の際の縁石を歩きたがります。少しバランスを崩すとすぐ車道。こっちは危ないよと諭しても、怒って余計に暴走しそうになります。

気づくと、私は般若みたいは顔してます。深いため息も出ています。


そんなある日、彼女とラインをしたときに、今日は子供にイライラしてひどい態度をとってしまった。と反省を綴ると、優しい彼女は精一杯の励ましの返信をくれました。


私たちも子供の時に家で理不尽なことなどを経験して、揉まれて成長してるはず! 私は記憶にないけど!と。


一般論で、それは仕方ないよとか、大丈夫だよ!と同意しつつ、自分は違うけど!ときちんと釘をさす彼女。

これまでもそういうことあったなぁ。


私よりはるかに人間できてる彼女。優しいこと、助けてもらったこと、数え切れません。でも、ここ最近うっすら感じてるのは、根本的なところでは合わないんじゃないか?ってこと(笑)

馬鹿話とかする分には、最高です。

それくらいがいいのかもしれない。


わたしたちは、話したいことが高じると子供がいて電話がなかなかできないので、手紙を書きます。

少し前の手紙に、私は最近心療内科にかかったことを彼女に打ち明けました。(心療内科については、また今度書きたい)

優しい彼女は全力で私の気持ちに寄り添おうと、励ましをかいてくれていると思う。そんな返事の手紙が届くと思う。

楽しみな反面、無邪気な前向きな言葉で逆にモヤモヤした気持ちになるかも、、と一抹の不安を抱えてます。