引っ越し生活と育児を乗り切る日記

転勤族の嫁で、一年刻みで引っ越ししてます。今は3箇所目です。一児の育児奮闘中!

ありがとう

よく落ち込みます。

育児ノイローゼもあるし、近くに知り合いがいなくて寂しいというのもあるかもしれない。

夫にもう少し家にいて欲しいのかもしれない。


ここ2日ほどひどく落ち込んで、暗いことばかり考えてしまっていた。

そんな私を心配して、夫が早くに帰ってきてくれた。

帰宅後も声をかけてくれて、子供も見てくれて、すごく助かった。


子供が寝て、夫はまだ眠くないからと勉強をしている。


私にはなんて優しい家族がいてくれるんだろう。

夫にとっても、子供にとっても、自分は何にもいい妻でも、母でもない気がして、自暴自棄になってしまう時がある。

私はいい妻や母ではないかもしれないけど、少なくても夫や子供はそんな私を大切にしてくれている。

その思いを、勝手な被害妄想や自己否定で歪めてしまってはいけない。

私を大切にしてくれている人の思いを忘れてはいけない。

これは実家の母もそうだ。

母は私を電話で励まし続けてくれている。


今は育児中心で、私のやり方が頭悪いのかもしれないけど、自分のやりたいことはあまりできない。

子供を生む前は子供とのんびりすごすというと、幸せそのものだと思ってたし、きっとそうだと思う。

なのに、私は今日もなんにもしなかったなぁとか、私いつまでこんな生活なんだろうと思ってしまいがち。


でも、子供と夫を大切にするって、それってすごく大事なことなんだ、と今強く感じます。

社会的に名誉ある仕事、お金を稼ぐ、いろんな世界を広げる、そういうことが大人として、人として立派で、そうありたいとばかり思っているけど、今の私の仕事は家族を大切にすることなんじゃないか。それが私にとってなによりも大切なことなんだと。

母にもなって、何を当たり前なことを言ってるんだって感じだけど、今は心からそう思う。


この気持ちを忘れないために、今日は書きました。